薪ストーブ ★☆*・
薪ストーブのこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

トウモロコシの毛

070718
恥ずかしながらボクは知らなかったんだ! とうもろこしの毛が雌花だったということをね。
言われてみれば、それは実がなるところだから雌花に違いないんだよね。てっぺんに咲くのが雄花ということになるんだけど、こっちが普通の花のようなのでスッカリ騙されていた?というか雄花だ雌花だなんて普段意識して見てないよ。

小学校の理科で教わった記憶もないしなぁ~
えっ、忘れただけだろって! ハハハ、そうかもね。

風媒受粉のトウモロコシは、先端の細長い穂状にたくさんの黄色い雄花をつけて、それが風に揺られて花粉が舞って、下の白く細い毛の雌花に落ちて受粉するというのだけれど、見てみると周りの葉っぱの上には、黄色の花びら? のようなものが無数に散らばっている。果たして花粉が上手くこの細い毛にたどり着いているのか心配だな。

調べてみると・・・
トウモロコシは自家受粉せずに他家受粉するので、1列だけ植えたのでは受粉の条件が悪いそうだ。ということになるとボクの畑はほぼ1列だから更に心配だ。 あまつさえ、それに追い討ちをかけるような梅雨の長雨、風媒受粉のとうもろこし、肝心の花粉が飛ばないじゃないか、だからますます心配だな!

写真を見ると判ると思うけど、毛1本に対してトウモロコシの粒1つということらしい。見事に1粒1粒に毛は生えている、いやつながっている。つまり毛1本1本が雌花なのだ!

1株のトウモロコシからは2~3個の雌花が出てくるけど、欲張らないで1番大きなものを1つだけ残して摘果すると、残った実に養分が集中して美味しいとうもろこしになるようだ。ということでウチのとうもろこしも早速摘果してみたよ。

摘んだ小さな実は、既にとうもろこしの形になっている。せっかくだから捨てないでヤングコーンとして食べればよいみたいだね。
5つばかり家に持ち帰ったんだけど、茹でるとすぐにマヨネーズとともにチビの胃袋の中に収まっちゃったよ!結局ボクは1つどころか1口も食べれなかったのさー

05-07-06


毎日一回 人気ブログランキング 1プチお願いしま~す!

薪ストーブ情報なら firewood.jp へ




スポンサーサイト


  1. 2007/07/18(水) 07:42:35|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。